« 2009年04月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月29日

国立民族学博物館 ~ガーナの棺

国立民族学博物館は、ホントに丸一日愉しめます。クタクタです。
一番印象に残ったモノを挙げるとすれば・・・コレです↓
PICT8729.jpg

ただの海老のオブジェではありません。
西アフリカのガーナ、ガー族の・・・なんと、棺桶!

ガー族の棺は、故人の生前の生活を偲ばせるものをモチーフに作るんだそうです。
これは海老なので、きっと漁師か魚屋、あるいは海老が大好きだった、のでしょうか。
自分だったら、どんなだろう?という妄想も楽しからずや。

ほかにはどんなものが?と、Webで検索してみたら・・・
ユニークなものが出てくる、出てくる!
coffin01.jpg

マジですか?凄すぎます。

こんな本もありました↓↓↓

2009年06月27日

太陽の塔

PICT8717.jpg
先日、仕事で大阪に行っておりました。

大阪といえば、国立民族学博物館
ボクが好きな梅棹忠夫さんが初代館長だったこともあり、
以前から「行きたーい!」と思っていたのです。
この機会に、一泊延ばして出かけてみました。
国立民族学博物館は、万博記念公園にあります。

まずは、太陽の塔とご対面。
子供のころから、「太陽の塔」の顔は
「旧JISマーク」に似ているとおもうのですが、いかがでしょう?

さて、憧れの国立民族学博物館のお話は・・・次回。