« アフタヌーンティーで秋を感じる | メイン | カナリヤの余生 »

モレスキンの縦開きタイプ

moleskine.jpg
今年発売されたMOLESKINE[モレスキン]の縦開きタイプ「REPORTER」
↑英語発音のモールスキンと標記される場合も多いが、本国イタリアの発音はモレスキン)
やっぱり買っちゃいました。
--
200年の伝統を誇るモレスキン。ゴッホ、マティス、ピカソ、アンドレ・ブルトン、ヘミングウェイ・・・そうそうたる歴代愛用者。
なるほど、持ち具合、開き具合、厚みなど、積み重ねてきた時間で熟成された心地よさ、使いやすさを感じます。
アーティストを中心としたスーパーユーザーを紹介しているWebプロモーションも好印象でした。
--
縦開きタイプだと、写真のようにペンを横にはさめるんです。
ここ数年、愛用している三菱鉛筆のuni-ball SIGNO超極細(0.28mm)ともサイズもぴったり、好相性!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.withoutgas.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/595

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)