« 2005年11月 | メイン | 2006年01月 »

2005年12月28日

PSP™版 洋ゲー3タイトル

3games.jpg
たいていのPSP™ Systemのゲームには、PS2とかのような発売地域間におけるビデオ信号の相違とか、リージョンコードといった障壁が無い、ということを知り、英語の学習も兼ねて?(という口実も兼ねて??)PSP™の洋ゲーを購入しました。

Grand Theft Auto Liberty City Stories

The Sims2 for the PSP system

Princess of Persia Revelations

そういえば
Grand Theft Autoは、かつてUK版をPS2で遊んでいました。
Simsもやはり、US版をMacで遊んでいました。
Princess of Persiaは、Mac OSがSystem7だった頃、Macで遊んでいました。

この選択、
日頃、情報収集を怠っているから、経験則に基づいたコンサバティブな選択をしているのか
あるいは、ゲーム業界が意図せずリバイバルブームになっているとか、そういう寒い季節なのか???

いずれにしても、
うーん、大忙しだぁ。

2005年12月27日

花瓶を買った

flowervase.jpg
先日、アリヴェデパール青山店で、この花瓶を発見、即ゲット。
帰りに、花瓶のイメージに合わせてポピーの花も購入。
こんなカンジ、ご満悦でござる。

2005年12月26日

キャビアのカナッペとケーキとポテト

caviar2.jpg
クリスマス・イブのディナーに「キャビアが食べたい」と言いだしたのは、たぶんボクでした。
初めてキャビアを購入。
caviar.jpg
で、オードブルに、スモークサーモンとキャビアのカナッペをつくりました。
cake1.jpg
ケーキも焼きました。
cake2.jpg
フツーにショートケーキ。
potato.jpg
今回、食材は紀ノ国屋でそろえました。
ご想像通り、お値段はちょっと高め。でも、やっぱりそれなりにうまかったりもする。
今回特筆すべきは、意外にもこのポテト、茹でただけなのですが、おいしくてビックリでした。

2005年12月25日

オマール海老を求めて築地市場へ

クリスマス・イブのディナーに「オマール海老が食べたい」と言いだしたのは、たぶんボクでした。
でも、23日が休日なので、生きていて、かつ状態の良いオマール海老を入手するのは困難か?と一旦諦めかけたのですが、やはり思い返し、考え直し・・・「築地に行こう」ということで、5時半に起きて出かけてきました。
tsukiji1.jpg
以前、取材・撮影で築地市場に足を踏み入れたことはあったのですが・・・不安。
実際行ってみると、殺気に似た凄味のある異様な活気。
海老を店頭に置いているお店には「オマール海老ありますか?」と声をかけるが、なかなか見つからない。市場はめちゃめちゃ広いし・・・
tsukiji2.jpg
「どいたどいたぁ」と冷凍のマグロが引っ張られていく・・・
盥の中のヒラメがばたばたしている・・・
巨大な真鯛がビチビチ音をたててしめられている・・・
異様な空気の中で、焦りと疲労感・・・が
tsukiji3.jpg
5軒目でようやくオマール海老を発見。カナダ産。
近所のスーパーで売っているモノより遙かに安いし大きい!
発泡スチロールの箱に入れてもらって、クタクタになって帰りました。
う〜ん、中から「ギシギシ」音がする。
omal1.jpg
茹でるとこんな鮮やかな朱色に。
温野菜と一緒に、アイオリソースでいただきました。
omal2.jpg
ふぅ、満足満足。

2005年12月23日

ぼく ポチ

pochi.jpg
松屋銀座のB1で和菓子を物色・・・
お菓子のワンコと目があった・・・かわいい。
で、買っちゃいました。
もめん弥のわんこのお菓子。
銘菓ひよ子の亜種っぽくも見えますが・・・ま、かわいいので。
左から、「おら くろ」、「ぼく ポチ」、「わたし いちご」。
いちごのパッケージには「食べすぎちゃった・・・」と書かれている。
何のこと?と思ってよく見たら、ひとまわり大きい・・・なるほど。

2005年12月22日

デカイ時計

clock051221.jpg
ここ1年ほど、新しい掛け時計を探していました。
デザイン、機能、イロイロと考え・・・
結論:デザインはベーシックなモノ。
   不自然なぐらいデカイのがかわいい!
で、この時計(直径50cmのSEIKO)、今日届きました。
見よ! 文庫本がこんなに小さく見える、この威容を!!

2005年12月21日

イルミネーション★汐留篇

汐留シオサイトのイルミネーションツリーもキレイらしい」と、また小耳に挟み、出かけてきました。
shiodome_01.jpg


本当のキャンドルが、本当に燃えています。
千数百個のキャンドルに、毎日10人ぐらいで1時間がかりで点火しているそうです。


shiodome_3.jpg


ゆらゆらする炎のゆらぎが、なんとも目に心地いい。

2005年12月20日

イルミネーション★六本木篇

六本木ヒルズ界隈のイルミネーションがキレイらしい」と小耳に挟み、先日出かけてきました。
この寒空の下、そんなことをしているから風邪が治らない・・・というハナシも・・・
towerwithspd.jpg
【六本木の伏魔殿】

keyakizaka_ttower.jpg
【けやき坂のイルミネーション】

morigdnandtower.jpg
【毛利庭園とテレ朝】

keyakizaka_lv.jpg
【けやき坂 ルイ・ヴィトン】

keyakizaka_4.jpg
【けやき坂 カウンター・ヴォイド】

2005年12月19日

ロクシタンのハンドクリーム、とか

loccitane.jpg
風邪をひきはじめて、もう2週間、熱も出たり下がったり・・・。その上、この寒さと異常乾燥。
不意に「鉄っぽい味」を感じ、唇が切れていることに気付き・・・で、リップクリームを買おうと、近くにあったロクシタンに立ち寄り。なんと!リップクリームが3,500円!!
さすがに高すぎるので、代用品としてシアバターを購入。ついでにハンドクリームも買っちゃいました。
実は、絵の具みたいなこのパッケージが前から気になっていたのでした。
香りもベリーナイス!

2005年12月13日

冬毛のニャンコ

nyanko051211.jpg
近所をテリトリーにしているニャンコたちの一匹。
冬毛に替わり、毛がモサモサっと、ちょっと着ぶくれ?

2005年12月11日

ガレット・クッキー

galette.jpg
表参道のベーカリー・カフェ426のガレット・クッキーをお持ち帰り。
バターむんむん風味に、ほどよいカラメルっぽい苦みがいい感じで(意外に)おいしゅうございました。

2005年12月08日

播州手延素麺 揖保乃糸

ibonoito.jpg
昨夜は、揖保乃糸 庵(いぼのいと いおり)品川店で忘年会。
揖保乃糸は兵庫県手延素麺協同組合の登録商標。
ここで出す揖保乃糸はすべて、高級品である黒帯とのこと。
薩摩地鶏の「ひきとおし鍋」のコースをいただきました。
さすがにおいしゅうございました。
--
今回の忘年会は、もう6〜7年前、かつてのクライアントのみなさんとの集まり。
一緒に仕事をしていた当時は、打ち上げのような飲み会すらありませんでした。
今は各々のフィールドで活動しているのですが、不思議と気が合うみたいです。
寒空の下のアイスクリームも、おいしゅうございました。
次回は、うまいもの + 温泉だ!

2005年12月07日

チョコバーといえば

fruitandnut.jpg
寒くなるとチョコバーを囓りたくなります。
チョコバーといえば、キャドバリーでしょう、やっぱり。
上の写真、開いちゃってますが・・・このフルーツ&ナッツが一番好きです。

2005年12月06日

白いガジェットたち

psp_christmas.jpg
まだ早いけど、サンタさんがプレイステーション・ポータブル(セラミックホワイト)をくれた。
iPod shuffle、IXY Digital White Limited、たまごっちと、2005年オイラのガジェットたちは白が基調でした。

2005年12月05日

avexのクリスマスイルミネーション

avex2005.jpg
今年もavex本社ビルのクリスマスイルミネーションが始まりました。
星空の綺麗さと反比例して、都会にはイルミネーションが多いのかな、と。

2005年12月04日

紅葉狩り@青山

近所を散歩してみたら、ちょうど紅葉していました。
12月初旬って・・・遅い気がします。
ryugenzenji.jpg
龍厳禅寺の境内。

ichoumatsuri2005_1.jpg
神宮外苑に行くと「神宮外苑いちょうまつり」。
紅葉が見頃とあって、とても賑わっておりました。
銀杏も見事に黄色。

Ichoumatsuri2005_2.jpg
雑踏の歩道も黄色一色。



2005年12月02日

カナリヤの余生

kodak.jpg
存在を忘れかけていました。KODAKのBROWNIE VECTA。棚の奥から発掘。
1963-66に製造されていたもので127mmという特殊なブローニーフィルムを使用。このフィルム、まれにデッドストックが発見されることもあるらしいのですが、見たこともありません。
そもそも、そんなことは承知の上で、雑貨屋でチープなかわいい感じにクラッときて、購入したモノ。
知り合いの写真家に相談したところ、フィルムを切り出して軸に巻けば撮影は可能かも、とのこと。・・・せっかくチープな感じでかわいいのに、そんな贅沢をさせたら可愛さが半減してしまいそう・・・。ま、そこまで頑張らなくてもいいかな。
歌を忘れたカナリヤでも、器量がよければ、裏のお山に棄てられることもなく、第2の人生があるんだな、と。
埃を拭き落として、飾り棚に陳列しました。

2005年12月01日

モレスキンの縦開きタイプ

moleskine.jpg
今年発売されたMOLESKINE[モレスキン]の縦開きタイプ「REPORTER」
↑英語発音のモールスキンと標記される場合も多いが、本国イタリアの発音はモレスキン)
やっぱり買っちゃいました。
--
200年の伝統を誇るモレスキン。ゴッホ、マティス、ピカソ、アンドレ・ブルトン、ヘミングウェイ・・・そうそうたる歴代愛用者。
なるほど、持ち具合、開き具合、厚みなど、積み重ねてきた時間で熟成された心地よさ、使いやすさを感じます。
アーティストを中心としたスーパーユーザーを紹介しているWebプロモーションも好印象でした。
--
縦開きタイプだと、写真のようにペンを横にはさめるんです。
ここ数年、愛用している三菱鉛筆のuni-ball SIGNO超極細(0.28mm)ともサイズもぴったり、好相性!