« 2005年08月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月30日

ホテルニューグランド

newgrand.jpg
横浜のホテルニューグランド、本館のロビー。
1927年(昭和2年)の創業。
横浜というか、日本を代表するクラシックホテルのひとつ、でしょう、たぶん。
とても趣のある空気、落ち着いた雰囲気が気持ちいい。

2005年09月29日

GODIVAのCHOCOlixir

godiva.jpg
GODIVAのフローズンチョコドリンク、CHOCOlixir(ショコリキサー)(580円)をいただきました。
写真はダーク・チョコレート・デカダンス。一番ビターで濃厚そうなのでこれを選択。
ほかには、ミルク・チョコレート・ラテとホワイト・チョコレート・ラズベリーの全3種。
想像していた以上に濃厚。削ったチョコレートの歯ごたえ?もトレビアーン♪
全国10店舗での先行販売とのこと。

2005年09月28日

夏休み その4 小浜島#2

kohama2.jpg
小浜島の西端、細崎(くばざき)の港。
暑い、誰もいない。
日陰が気持ちいい。
kohama3.jpg
同じく、細崎の浜。左手に見えるのは西表(いりおもて)島。
ここもだれもいない。

2005年09月27日

映画「銀河ヒッチハイク・ガイド」

hg2g.jpg
映画「銀河ヒッチハイク・ガイド」を観てきました。
イギリスのカルト小説?『銀河ヒッチハイク・ガイド』の映画化。
ある日、銀河バイパス建設のため地球を爆破。実は宇宙人だった友人に助けられた主人公は「銀河ヒッチハイク・ガイド」を頼りに宇宙をわたり歩く・・・。
とだけ書くと、とてもまっとうなSF映画に聞こえちゃいますが、おバカSF映画!
ナンセンスなイルカソングとバート・バカラックサウンド最高。
地球創造の謎?上等!!
原作者、ダグラス・アダムスは、あの伝説のコメディ番組「モンティ・パイソン」にも参加していたとか・・・納得。
ビバ!バカ映画!!
激オススメです。
--
「銀河・・・」の続編「宇宙の果てのレストラン」も出てます。帰宅途中に買っちゃいました。
--
プログラミング言語のパイソン(Python)って、開発者のGuido van Rossumがモンティ・パイソン好きだったから、パイソンにしたらしい。

2005年09月26日

夏休み その3 小浜島#1

kohama1.jpg
小浜島。人口500人ほど、コンビニ無し、信号無し。
レンタル自転車で散策。
アップダウンと日差しは少々厳しかった。
むせるほどの草いきれ、土と牛糞の臭い、虫とか有象無象の蠢く気配。
みなぎる生命力を肌で感じました。

2005年09月25日

夏休み その2 石垣島のカフェ

ishigaki.jpg
石垣島をドライブ、カフェで休憩。
テラスに出たら、こんな風景!
ヤラレタ。

2005年09月24日

おはぎと豆大福

ohagi.jpg
青山で創業80年の老舗和菓子屋「紅谷」のおはぎと豆大福をいただきました。
お餅もあんこもしっかりしたバランスと味わい。
やばい、あの店よりおいしいかも・・・
栗蒸し羊羹もおいしそうだったなぁ。

2005年09月23日

夏休み その1 平久保崎灯台

skyoverishigaki.jpg
ちょっと遅い夏休み、ということで、石垣島、小浜島に行ってまいりました。
幸い、天候にも恵まれ・・・日焼けした肩がむけてます。
初日は、羽田から直行便でいきなり石垣島。レンタカーで島内観光。
写真は石垣島の最北端、平久保崎灯台。
北緯24度36分32秒 東経124度18分54秒。
青い空、潮風の中、ナニモカモ眩しいぜ!

2005年09月15日

旅支度 その3 沖縄本

okinawa_3.jpg
昨日の反省をふまえて・・・
沖縄が似合うというか、沖縄を舞台とした小説を調達しました。
池上永一さんの『風車祭(カジマヤー)』よしもとばななさんの『なんくるない』
--
そういえば、学生だった時分、よしもとばななのお父さん、吉本隆明さん共著:『琉球弧の喚起力と南島論』を読んだのも夏休みでした。
--
iPod Shuffleの中身も、スポーツジム用のアッパー系から 、リゾート用のアンプラグド系に入れ替えて、と。
--
ん〜、楽しみ楽しみ。

2005年09月14日

旅支度 その2 切り裂きジャックとたまごっち

patricia.jpg
先日、映画「チャーリーとチョコレート工場」が公開された関係だと思いますが、同じくジョニー・デップ主演の映画「フロム・ヘル 」が放映されていました。
この作品、1888年のビクトリア朝末期のロンドンで実際に起きた連続殺人事件。
いわゆる「切り裂きジャック」のお話し・・・で、思い出しました。
パトリシア・コーンウェル「真相 —“切り裂きジャック”は誰なのか?」を積ん読してあった!
パトリシア・コーンウェルは、女性検屍官、ドクター・スカーペッタが主人公の推理小説、検屍官シリーズの著者。
--
推理小説はあまり読まない方なのですが・・・
以前、渡英して半年ぐらい、周りに日本語のものが無い環境で、日本語が恋しくなった時分、帰国する友人が置いていってくれた日本語の本が、このパトリシア・コーンウェルと池波正太郎。
何度も何度も読みました。以来、この両作家のファンになってしまいました。
--
そのパトリシア・コーンウェルが7億円の私費を投じて調査・分析。
ハードですっきりした論理的な展開。読みやすい!
--
このテの犯罪推理モノって、いわゆるハードボイルド系?って、前近代的で男尊女卑的、差別的なものが多いのでそれだけで不愉快になることがあります。彼女の作品は、もちろん作家本人が女性であり、そういう世界で働く女性が主人公なので不愉快さを感じることがない点も○。
確実に古本屋で安く買える点も◎
--
やべー、チョー面白い。
でも今週末から、リゾート・・・沖縄!!
沖縄のリゾートで「切り裂きジャック」は、ないよね・・・やっぱり。
--
たまごっちも夏休みの小学生みたいでカッコ悪いよね・・・やっぱり。
冬眠させよっかな?

2005年09月12日

原宿 瑞穂の豆大福

mamedaifuku.jpg
うちの定番、原宿 瑞穂の豆大福。
瑞穂は神宮前6丁目の和菓子屋さん、というか、ほぼ豆大福屋さん。
そこそこ有名なので売り切れ注意。
「ちょっと大きめ」が「ちょっと嬉しい」。

2005年09月11日

チャーリーとチョコレート工場

moviechocolatefactory.jpg
楽しみにしていた、映画「チャーリーとチョコレート工場」
もちろん公開初日に、観てきました。
六本木ヒルズの映画館に行ったのですが、上映スクリーン入り口に注意書き。
「演出上、場内にチョコレートの香りが・・・。」
入ると、確かにチョコフレーバー!薄めのハーシーズって感じ?
--
期待通り、とても楽しい作品でした。
ティム・バートンとジョニー・デップはシザーハンズのコンビ。
ジョニーデップとチャーリー役の少年は映画「ネバーランド」のコンビ。
この少年:フレディー・ハイモア。どちらの作品もかなりいい感じ。
親子で観に来ていた人も多かったのですが、子供たちも最後まで退屈せずに楽しめていたようです。
かなりオススメです!!

2005年09月10日

たまごっち

tama01.jpg
たまごっちを購入。

正確には
ケータイかいツー!たまごっちプラス赤いシリーズオールほわいと
を購入。
なかなかの人気らしく、どこも品切れ。入手に少々骨を折りました。
--
そんなこんなで大切に育てていたつもりなのに
5日目に急逝!
合掌。

2005年09月07日

休日のにゃんこ

nyanko050903.jpg
休日にゃんこ リラックスモード 秋の風。

2005年09月06日

肉体リノベーション

実は・・・
スポーツジムに通い始めて1ヶ月。
コンスタントに週3回ペースで通っています。
1カ月で4Kg減。
みるみるうちに背中から腰回りの様子がかわりました(たぶん)。
お腹はこれからか?
--
調子に乗って、健康つながり、ということで
こっそりタバコをやめました。今日で5日目。
というか、実は相方に、禁煙の交換条件を提示されたのがきっかけ。
この「交換条件」については後日あらためてご報告。
初めての禁煙なので、イライラとか、いわゆる離脱症状に苦しめられるのか?と戦々兢々としていました・・・が
今のところ・・・そうでもない、みたい。

2005年09月05日

糖朝 青山店

touchou.jpg
休日の青山通り、糖朝の前にはいつも行列。
「糖朝」(とうちょう)は、香港のデザートレストラン。
その日本第一号店がこの青山店。以来いつも行列。
でも今日通りがかったら、あれ?行列がない!
奇跡的に、待ち時間無しでいただいて参りました。
蝦雲呑入り香港麺、帆立とブロッコリーの炒め物、そしてデザートにマンゴーとフルーツの豆腐花。
もともと甜品(デザート)専門のチャイニーズレストラン。特にマンゴープリンはあまりにも有名。
厨房が見える位置のテーブルについたのですが、厨房内もフロアもみんな一生懸命、とてもいいムードで働いている空気も見えて、気持ちよかったです。
点心モノは今回初めていただきました。蝦雲呑の香港麺は、プリプリした蝦の雲呑に細麺、蝦風味満点のスープですが、全体にサッパリとした仕上がり。
帆立とブロッコリーの炒め物は、帆立は肉厚、素材よし!炒め加減もミディアムレアっぽいいい具合。
マンゴーとフルーツの豆腐花は、何よりもとにかく特筆すべきはマンゴーの味!とにかくうまい!!
豆腐もしっかりとした歴然とした豆腐、正直、甘いモノとの相性がこんなにいいのにはビックリ。後味サッパリだぁ!
--
先日、南青山の某中国茶店に訪れた際、あまりの接客の拙さ、不愉快さに耐えきれず、オーダーせずに逃げ出してしまいました。
--
あそことは雰囲気が好対照だなぁ、っと。