« 投票率UPの特効薬 | メイン | さようならABC (;。;) »

毎朝15分間の愉しみ


最近、今さらながら「赤毛のアン」を読んでいます。
毎朝毎晩の通勤電車の中だけで、毎日ちびりちびり味わうように読んでいます。
朝晩の最も不愉快だった電車の中で過ごす時間が、いまでは毎日楽しみな時間。
賛否両論あると思いますが、古風な翻訳も、時も場所も隔てた感じで、逆に気持ちいい。
全部で10巻もあるらしい。今、5巻目を読んでいます。
まだまだ、しばらくは愉しめそう。
--
今思うと、学生の頃は斜に構えていたので、ロマン・ローランの『ジャン・クリストフ』とか
「前世紀的」と噴飯していたが、今読んだら、また感じが違うのかな?
すこし、寂しいような、嬉しいような・・・
--
今日はニャンコに会えず。頸部リンパ腺も痛い。[凶]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.withoutgas.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/317

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)